オーガニックとは?有機栽培とは? ホーム

2013 BioFach Japanレポート2

オーガニックメニュー

2013 BioFach Japan(ビオファ ジャパン)に行ってきました その2

ここ数年認知度が増してきたアガペ(イデアプロモーション)も出展していました。
3種類の味見が出来て非常に楽しかったです。
GI値(血糖値上昇値)が非常に低く
砂糖や蜂蜜、メイプルシロップの約三分の一で
血糖値を気にする方に向いています。
どれも火入れがしっかりされているので、
蜂蜜の様なボツリヌス菌の心配が無く、小さな子供でも安全です。

2013 BioFach Japan

低温(48度×72時間)で火入れをする『ローダーク』はたとえれば黒糖に風味が少し似ていて、それより高温(80度×6時間)火入れのゴールドは後味に少しベッコウ飴の様な風味を感じさせ、イデアナチュレ(70度×36時間)は一番上品な甘さに感じました。
どれもコクのある非常においしい甘さ。
3本置いていても料理ごとに、又はお好みで使い分けられそうです。

スポンサーリンク

2013 BioFach Japan

2013 BioFach Japan

オーガニックコットンの様々な展示がありました

2013 BioFach Japan

2013 BioFach Japan

角谷文治朗商店の有機三州みりんも試飲できました。非常に自然で深い甘さその他のみりんも美味しかったのですが、有機は深さもコクも違います。アルコールのきつさも無い。
滅多に試飲できないので良い機会でした。
やはり基本の調味料はしっかりしたモノを選びたい。
有機の美味しいお酒と考えると、500mlで1000円の値段は納得できます。
以前より少なくなりましたが、酒税もかかるので作っている方は結構大変です。
ちなみにお酒に有機JASは無いので当然認証はつきません。
でも商品はすばらしい。


食品表示のトリック

アイシス・オーガニック生活便

激安クリスタルカイザー


20、30代からの田舎暮らし冷凍パンとは?冷凍パン生地とは?子供と田舎暮し年金で田舎暮し耳かきの選び方