オーガニックとは?有機栽培とは? ホーム

オーガニック、有機栽培の意味・基準は?

オーガニックメニュー

オーガニックの意味は?

オーガニックとは辞書で引くと「有機のー、化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食品などをさす言葉」と出ています。

その「有機物」とは動植物を構成している物質の事をいいます。だから牛糞や鶏糞などでできる堆肥は立派な有機肥料です。

すなわち有機栽培とは、できるだけ化学肥料や農薬を控えて、有機肥料や土壌生物の力を借りて行う循環型農業の事をいいます。

スポンサーリンク

日本でまず信頼できるのが『有機JAS』

JASマーク 
※マークは認定を受けたら必ず貼らなくてはならない

ちなみに日本では、野菜などに「オーガニック」や「有機」と表記して販売する場合、基本的には有機JAS規格で生産され、第三者機関である有機JAS認定登録機関から、
調査を受けて認証をもらわなくてはいけません。

認証の種類には、有機農産物有機畜産物有機加工品に分かれています。

認証登録についても
厳しい決まりがあります。

例えばほ場(農地や農場など)の広さに対する検査料や、第三者機関が検査の為にほ場や加工工場に行く際の、
飛行機の座席クラスや宿泊費の上限などまで決められています。

限られる有機JASの認証

注意したいのは、酒類や海産物、コスメ、コットンなどには有機JASの認証は無いことです。 たとえば、どんなにすばらしい有機農産物で出来たみりんでも、有機JASの認証がアルコールが含まれているみりんには認証がつかないのです。良く注意しましょう。

現在、有機JASで決められているのは食品だけ。

コットンやコスメなどには、有機JASの認証は現在は食品で無い為に付きません。
それぞれの国での認証がつくのが一般的です。

またそれ以外にも、広告でオーガニックと表示してある場合もあります。

認証には多額の費用がかかり、生産量のさほど出荷量が多くない生産者には、
かなりの負担になるからです。

現在大阪市は『大阪エコ農産物』(農薬や化学肥料の使用回数を平均の約半分に制限。
特別栽培農産物の上乗せのような形)という独自の認定制度を行っています。


食品表示のトリック

アイシス・オーガニック生活便

激安クリスタルカイザー


20、30代からの田舎暮らし冷凍パンとは?冷凍パン生地とは?子供と田舎暮し年金で田舎暮し耳かきの選び方